トップページ > 治療薬の効果について

レチノイン酸とは

スポンサードリンク


レチノイン酸とはもともとにきびの治療薬として使われていましたが、シワやしみに効果的と認知されアメリカでは、しみやシワの治療薬として使われるようになりましたが、
わが国日本ではまだ認知されていない治療法の一つです。

そもそもレチノイン酸とはどのようなものなのでしょうか。
レチノイン酸とは、一言で言いますとビタミンA誘導体の一種です。

このレチノイン酸は肌の中のコラーゲンを増やす力に直接働きかけるのです。
ですから、にきびだけでなく、しみやシワにも効果の期待できる治療法なのです
日本ではまだ一般的には手に入らないレチノイン酸ですが、医師の管理の下では治療を受けることは可能です。

しみなどの色素沈着に効果を得られるようで、顔だけでなくあざや乳輪などの黒済みにも効果があるようです。
レーザー治療で中々効果の現れなかった物にも効果は期待できそうです。

治療法はピーリングのような物で、レチノイン酸を塗り皮膚の角質を落とし肌を活性化させます。
高い効果を期待できますが、この治療を受けている間は妊娠に注意が必要とされています。

レチノイン酸の副作用

本来にきび治療法とされていたレチノイン酸がシワやしみに効果的だと認知され、既にアメリカでは一般的に肌の若返り方として世間に広まっています。

日本ではまだまだ認知されていない方法ですが、治療をうけられるクリニックは存在します。

レチノイン酸は、直接肌に働きかけコラーゲンを増やす力に刺激を与えてくれますので、美肌へ導く美容法の一つといえるのです。
またかなり高い効果を実感できるようです。ですがレチノイン酸の副作用として、奇形性の可能性が少なからずあるようですので、治療を受けている間は妊娠しないように心掛けなければなりません。

またレチノイン酸の副作用で直接肌に現れる症状としては、レチノイン酸を塗った部分が赤くなったり、ヒリヒリ感があると言ったことがあります。

レチノイン酸を塗ることで肌の表面を溶かし新しい肌に蘇らせますが、ネット上での体験話を見てみると、いつになってもこの赤みが消えないと言った声もありました。

アメリカでは認知され多くの女性が受けている治療法ですが、効果と副作用を比較してみるとちょっと考え物なのかもしれませんね。

トレチノイン・ハイドロキノン併用療法

トレチノイン・ハイドロキノン併用療法は、しみやシワに大変効果を期待できる治療法の一つです。

まずトレチノインとは、肌の若返りに欠かせないビタミンAが含まれた塗り薬です。
このトレチノインだけでも、しみやシワなどに大変効果があります。

ハイドロキノンとは、強力な漂白作用のある塗り薬です。
ですが、このハイドロキノンだけでは効果は得られませんので、トレチノインと一緒に治療に用います。

トレチノイン・ハイドロキノン併用療法は、まず気になるシミのピンポイントにトレチノインを塗り、その箇所より大きめにハイドロキノインを塗ります。この治療法はシミやにきび跡に治療法の中でも高い効果を得られる方法なのです。

トレチノインとハイドロキノンを一緒に使用することで肌の漂白効果をより一層高め、また効果を得られる時間も短縮できるという素晴らしいコンビなのです。

シミやシワに効果がありますが、シミが薄くなっただけで随分と顔の印象も変わります。
治療前より明るい印象になり、また年齢も一段若く見えることでしょう。

スポンサードリンク


ページトップへ戻る