トップページ > しみ そばかすの基礎知識

しみとそばかすの違い

スポンサードリンク


しみとそばかすは似ているようですが、実は双方は違うものなのです。

しみとは、主に頬や額、鼻の下や手の甲などに出来る色素沈着であり、その大きさも様々です。
しみの発生の原因は、紫外線とされています。

そばかすは頬と鼻のあたりに細かく出来る色素沈着であり、そばかすの場合は遺伝性が強いので消すことは困難とされています。

一方しみの場合は、時間は少々かかりますがスキンケアを行うことによって徐々に効果を表し、しみを消すことは可能なのです。
このようにしみとそばかすの違いは、発生原因が違うのです。

どちらも紫外線を浴びることによってメラニン色素が濃くなりますので、どちらのケアにもまずは紫外線予防が大切です。
そしてスキンケアで肌を整えることも大切なのです。

遺伝性の強いそばかすもスキンケアをすることによって薄く目立たなくは出来ますので、しみそばかすでお悩みの方は日焼け止めと美白効果のあるスキンケアでしっかりとケアすることが大切なのです。

シミ そばかすができる原因

シミ、そばかすができる原因は紫外線が強く関連しています。

紫外線を浴びることによってシミが発生し、またシミやそばかすが濃くなってしまいます。

そばかすは遺伝性のもの、シミは紫外線によるものとされていますが、やはり紫外線は肌によくないのです。
しかしシミ、そばかすができる原因は紫外線だけではありません。

私生活の中に原因は多く潜んでいるのです。

新陳代謝が悪くなったり、血行が悪くなった時やニキビや虫刺されから起こる色素沈着、ホルモンバランスも原因要素となります。

美肌を保つ為には、これらの原因要素となるものをしっかりと理解し、それに沿ってきちんとしたスキンケアをすることが重要なのです。

どんなに心がけても、シミそばかすができる原因を防ぐことは容易ではないでしょう。

ですが、日頃のスキンケアを少し意識するだけで肌は驚くほどに見違えるのです。
まだシミそばかすのない人も、すでに発生してしまっている人もこのスキンケアを念入りに行ってみましょう。

スポンサードリンク


ページトップへ戻る